TOP > CSR
csr

当社では、災害等の発生に備えて様々な対策を進めています。災害発生時等においても、社員の安否確認や警備業務が継続できるようデータ通信を利用した安否確認サービスの導入、燃料備蓄施設の設置等のインフラ強化を図るとともに、定期的に防災訓練を実施し対応力の強化を図っています。

燃料備蓄施設

大規模災害等により外部からの燃料補給が途絶えても、最大備蓄量20,000L(ガソリン・軽油合計)を誇っており、警備車両等の運行が可能です。また、自家発電に必要な燃料も確保でき、停電時でも警備システムを止める事なく運用ができます。

①燃料備蓄施設外観

②消防局による安全指導

③管理者による定期的な安全指導及び施設点検

④通常時は自家給油施設としても利用

南海トラフ地震を想定した総合防災訓練

いくら設備を充実させても、対応する社員が適切に動けなければ意味がありません。南海トラフ地震の発生も危惧されている現状を認識し、各社員が積極的に防災訓練に参加をしています。

①避難誘導訓練

②人員点呼・安否確認訓練

③消火栓を使用した消火訓練

④体震車による地震発生時の対応訓練

 

 

⑤災害警備本部運用訓練

 

⑥遠隔会議システムを使用したALSOKグループ間
 の情報伝達・支援物資等の要請訓練

⑦長期戦に備えてALSOK仕様の防災用品を準備